2005年10月30日

浅田次郎「椿山課長の七日間」



なーんか見覚えのあるタイトルだと思ったら朝日新聞の新聞小説だったそうな。
購読していながら読まなかったのは本当にもったいなかった。

高卒46歳、ノンキャリアからデパートの課長職にまで上り詰めた椿山。
念願のマイホームと美しい妻、聡明な息子。
だが、正念場とも言える売出しのその日に突然死してしまう…。

続きを読む
posted by 参 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 浅田次郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。