2005年11月26日

池澤夏樹「花を運ぶ妹」

花を運ぶ妹

パリに留学し、海外へのコーディネーターの仕事をしている妹「カヲル」と、イラストレーターで画家を志す兄「哲夫」。
過去から現在へと時を追って、2人のストーリーが交互に紡がれていく。やがてそれが1つの話(麻薬で逮捕された兄とそれを救おうと奔走する妹…)へと繋がっていく。続きを読む
posted by 参 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 池澤夏樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

有栖川有栖「作家小説」

作家小説

面白い!
あの、本当に面白い。
ミステリー作家なんでしょ?
お笑いじゃなくて?
続きを読む
posted by 参 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 有栖川有栖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿部和重「グランド・フィナーレ」

グランド・フィナーレ

私は図書館の膨大な本の中からほぼ直感で選んでいる。
「とりあえず、有名な人は全部読んどこう」というのはあるが、それと同時に「私好みの装丁」と「私好みのタイトル」の本には手が伸びる。
その点、この「阿部和重」という作家のつけるタイトルと装丁はセンスが良い。
その昔、文章に小見出しをつけることに苦心しては無難なまとめ方をしていた私にとって、憧れるほど。

続きを読む
posted by 参 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿部和重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

芦原すなお「新・夢十夜」

4408533491


「こんな夢を見た」

で始まるのかと思ったら、そうではない。

この一文で始まるのは、夏目漱石の「夢十夜」である。
大学の国文学の授業で課題として読んだのだが、なんともいえない不思議でおどろおどろしい、怖いけれど気になって仕方ない小説だった。
そしてその中で一箇所、これまで読書中には感じたことがない「ドキっ」を体験したことが強く心に残っていた。

続きを読む
posted by 参 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 芦原すなお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

赤坂真理「ミューズ」



今回、5冊の「あ」の本を借りてきている。
選ぶときに「軽そうなもの」と「重そうなもの」のバランスだけは気をつけた。
この本は、頭休めの「軽そうなもの」として借りてきたのだが…。

タレント業を持つ高校生、美緒には秘密がある。
彼女を縛り、苦しめるそれは家庭環境と無関係ではなかった。
そんな中、定期的に通う歯科医師に恋愛感情を抱く。

続きを読む
posted by 参 at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 赤坂真理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

「図書館を読みつくせ!」プロジェクトについて

まさに時間に追われる毎日を過ごしていたある日、朝飯の支度ができても夫が起きてこないので、たまたま数ヶ月ぶりに図書館で借りていた小説(角田光代「東京ゲストハウス」)を開いた。
そしてそのまま、夫が起きて、ご飯を食べ、出社し、子供が起きてくるまでに一冊読み終えてしまった。

なんだ、読めるやん。

大学生時代に教授から
「本を読むなら今しかない。乱読するなら今しかない。あとで後悔してもざまぁ〜みろってんだ(なぜか攻撃的な文学部にありがちな、しかし学生側からすると面白い先生でした…)」
と言われたことを思い出した。
確かに読みたいときに時間はなく、読めるときには読もうとしない。
そう思うと、今しかないという衝動に駆られた。続きを読む
posted by 参 at 08:36| Comment(7) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝倉祐弥「白の咆哮」



作家の名前にも題名にも聞き覚えがあったからこの本を借りて帰ったのだが、1ページ目を読んで、なんとなく受け入れがたい印象を覚えた。
それもそのはず。
この前まで読んでいたのが「浅田次郎」で、ここ数年間、頭をフル回転させないと読み進めないような小説は意識的に避けていたから。
リハビリのつもりでまず最終ページをめくり、作者のプロフィールを見ることにした。
「1977年生まれ 和歌山県出身」
と、年下?
そうか。
とりあえず、読んでみよう。
続きを読む
posted by 参 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 朝倉祐弥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。