2008年07月03日

嶽本野ばら「ロリヰタ。」

ロリヰタ。 (新潮文庫 (た-85-1))
ロリヰタ。 (新潮文庫 (た-85-1))嶽本 野ばら

新潮社 2007-03-01
売り上げランキング : 201483

おすすめ平均 star
star好きで何が悪い
star彼の考えていることは
starロリヰタの奥義

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その昔、新聞の書評欄でこの作品が取り上げられていて
気になってしかたなかった嶽本野ばら作品。
ちなみにその書評を読むまで、女性だと思っていたほど
著者については全く知らなかった。
ようやく読みました。

「嶽本野ばら」という名前を知ったのは、あの有名な「下妻物語」を見て。
小説はコレが初めてですが、コアなファンでもない私にとって、
まず最初に感じるのは知らない世界をのぞき見る単純な興味深さ。
そして表現方法や比ゆが巧みで、なんとなくハマっていく感じ…。

「ロリヰタ。」の場合、主人公が著者本人ではないかと思わせる
(おそらく確信犯的に)ストーリーで、妙なリアリティがあった。
特に前半、最初の精神科でのやりとり…ロリータとロリコンの違い、や
ライターとのやりとり…ロリータとギャルとの違い、は、「分かりやすかった」。
感想じゃないよね。
うん、単純に「なるほど〜」と思ってしまった。

コレで野ばら作品の基礎を知って、他のを読むともっと面白いだろう。
同時収録の短編「ハネ」も面白かった。
私にはとても「乙女」な作品に思えた。

それにしても「嶽本野ばら」も「ロリヰタ。」も、
キーボードで打てません。。。
posted by 参 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102062416

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。