2008年07月22日

伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)伊坂 幸太郎

祥伝社 2006-02
売り上げランキング : 1030

おすすめ平均 star
star理屈抜きに楽しめる
star陽気なギャング達のコメディ
star夜更かしはしたけれど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ず〜っと読みたかった伊坂幸太郎作品。
やっと、やっと読みました!(かれこれ3年越し)。

人気作家だけあって面白いのはモチロンのこと、読みやすくてスイスイいきました。
この小説の場合、映画で言えば古くは「スティング」のような、
最近で言えば「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」のような、
コミカルな雰囲気も、テンポの良さも、意外性も、何より読んでる気持ちよさも、

あ〜!好き!

と、読みながら何度思ったことか。
たぶん、図書館にあるのは全部読みそうです。

私はまわりくどい表現や、細かな形容がどうも苦手で、
ちょっと理屈っぽくなってくると読み飛ばす癖があるのですが、
この主人公の一人、語りたがる演説の名人、響野のセリフでさえ軽快に感じて
久々に隅から隅まで一字一句読みました。
(いや、毎回飛ばすわけではないのですが)。

登場人物たちは銀行強盗です。
(ここらへんもスティングなどを思い起こさせます)。
だからといって銀行強盗についてばかり事細かに追っているわけでなく、
そういう点ではリアリティにも欠けるかもしれません。


しかし、思いませんでした。

ほんとにこんなんで成功するわけ?

とは。
それは成功しない要素が詰まっているからではなく、
もし本当に実行したら成功しないだろうと思うのだけど、
でもそんなことはどうでもよくなってしまうエンターテインメント性にあるのだと思います。
でも軽すぎない…なんというか、バランスがよくて楽しい。

映画化では成瀬=大沢たかお、だけがイメージに合いませんが(私のね)
ちょっと興味がわきました。

う〜ん、面白かった。

posted by 参 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。