2008年10月14日

奥田英朗「最悪」

最悪 (講談社文庫)
最悪 (講談社文庫)奥田 英朗

講談社 2002-09
売り上げランキング : 46696

おすすめ平均 star
star背筋が寒くなる。
starテンポがいい
star人それぞれの最悪の定義

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


奥田英朗さんの人物描写の緻密さには感服する。
その人物の行動の一つ一つに矛盾がなく、
その人物が実在するかのようだ。

この作品はとにかく前置きが長い。
前置きというか…
登場人物がそれぞれに行動している部分が長く、
全員の紡ぐ線が重なる「事件」は全体の一瞬に等しい。

普通の作家の作品ならもう少し前に「事件」は起こるだろうし、
「事件」の部分はもっと長いだろう。
そうしないと、飽きてしまう。きっと。

でもこの作品はそうじゃない。
前置きとも思える登場人物の詳細な人物描写や背景描写がすごく、
全く退屈しない。
前回読んだ「邪魔」よりも、私はこちらが好きだった。
【関連する記事】
posted by 参 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥田英朗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108038046

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。