2006年01月07日

東野圭吾「容疑者Xの献身」

容疑者Xの献身東野 圭吾


おすすめ平均 star
star素晴らしい。
starすごいよ東野!
star内面にある行動の価値基準
starとにかく面白い
star純愛推理小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ミステリー誌の選ぶ2005年のベスト1に何度も名前が登場した一冊。
そんなわけで、上のような評価がついているのも納得です。
しかしあまりトリッキーでないのがミソです。
トリッキーでないのが、最大のトリックなのですが。

読んでいる最中はこの表紙の雰囲気同様、どこか恐い。
だけど読み終えると哀しい。
哀しいけれど淡々とした読後感に好感が持てます。

この本の一番のポイントは、「驚かされるトリック」ではないと私は思います。
この本が支持を集めるのは「すごいトリックで驚かせてくれるから」では決してない。
トリックではないところに、この本の印象を決める決め手のような悲しさが漂っていて、ものすごくドラマチックだと感じるのです。この本、図書館ではなく、ママ友から借りてきました。
その友曰く
「3/4までは、まぁこんなもんかと思って読んでたけど、最後の最後で、えええええ〜??って感じだった」とのこと。
こういう感想を先に聞いてしまうとそのつもりで読んでしまうので好きじゃないのだけど(と言いつつ書いてゴメンナサイ)…だからでしょうか、驚くべきところで最初は驚けなかった。
呆気にとられて驚く事を忘れてしまった。
後から驚きはじわじわとやってきましたが、それは衝撃ではなかった。
多くの人が書いているように涙も出なかった(私は小説を読んでよく泣きます)。
それよりも作者に深く深く「感心」したのです。

ミステリーでありながら、理路整然と整理された文体と登場人物の内面をえぐるドラマ。
東野圭吾さんの本がよく映画化、ドラマ化されるのも尤もだと思います。
今度ドラマ化される「白夜行」も読んでみたい一冊になりました。

確実に今、輝きまくっている作家ですねー。

にほんブログ村 本ブログへ 応援お願いします。
posted by 参 at 09:36| Comment(3) | TrackBack(10) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、TBさせていただきます。
おっしゃる通り泣けるというよりも、感心させられる作品でした。
自分は「白夜行」の方が好きなので、よかったら是非読まれてみてください。
Posted by モーラ at 2006年01月07日 04:23
こんにちは。
TBありがとうございました。
わたしも「白夜行」のほうが好き派です。
好きすぎて、ドラマ化はちょっと不安ですが、
楽しみに見るつもりです。
原作「白夜行」は、本当にオススメですよ〜。では。
Posted by ゆうき at 2006年01月07日 22:45
はじめまして。
「白夜行」は最高ですよ!
ドラマ版も1話見ましたけど「秘密」「ゲームの名は誘拐」の映像化よりも楽しいです。
さすがに小説版には勝てませんけど・・・私みたいに小説版の白夜行のAnotherStoryとしてみることをお勧めします。では!
Posted by りん at 2006年01月16日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

容疑者Xの献身/東野圭吾
Excerpt: 物理学者湯川学シリーズの最新作。 数学教師の石神は隣室に住む母子の犯した殺人を知り、隠蔽工作を行う。 警察や大学時代の盟友、湯川の追及から逃れ、犯罪を隠し通し母子を守りきることがで..
Weblog: ホトケの読了book  南無阿弥陀仏
Tracked: 2006-01-07 04:15

容疑者Xの献身 東野圭吾
Excerpt: 容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Tools ネタバレあり!でもラストだけは言わない! 高校の数学教師・石神は、隣人・靖子に思いをよせています。毎日彼女の顔を..
Weblog: IN MY BOOK by ゆうき
Tracked: 2006-01-07 22:49

容疑者Xの献身。
Excerpt: 東野圭吾著、『容疑者Xの献身』、読了。 『このミステリーがすごい!2006年版』を購入しといて、そこで紹介されてある小説を一冊も読まないというのも何だかなぁと思い、ノミの涙ほどのボーナス(みたいなも..
Weblog: この世界の憂鬱と気紛れ
Tracked: 2006-01-09 02:28

人は、何処まで他人を愛するために犠牲を払えるのか?〜容疑者Xの献身〜
Excerpt: 容疑者Xの献身 東野圭吾 『このミステリーが凄い!(以下このミス)』という雑誌が、 毎年の暮れに出版されるのをご存知でしょうか? これは、一般読者の方のアンケートを集計して、最も反響が多..
Weblog: オラオラッ!!!!!
Tracked: 2006-01-09 23:10

ブログ初挑戦☆
Excerpt: 新参者です♪お手柔らかにお願いネ!分からなくって今日の出来事なんだけど...
Weblog: 初めての日記どうかなぁ?
Tracked: 2006-01-16 17:37

第134回芥川賞直木賞受賞作品と候補作品
Excerpt: 第134回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まりました。 芥川賞は絲山秋子さんの「沖で待つ」(文学界9月号)、 直木賞は東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」です。   絲山秋子さんは、「イッツ・オン..
Weblog: 及川的大人のブログ
Tracked: 2006-01-20 23:47

東野圭吾【容疑者Xの献身】
Excerpt: 遅ればせながら読みました。直木賞受賞作。 どうも私は一人の作家だけを集中して読むということができない性分で、東野圭吾も昨年の夏に【時生】を読んだきりでした。 根が欲張りなので、「あの作..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-01-23 16:45

「容疑者xの献身」(東野圭吾)
Excerpt: 図書館にリクエストをして待つこと4か月強の東野圭吾の「容疑者xの献身」だったが,読み始めから読み終わりまではあっという間だった。待っている間に直木賞まで受賞してしまったので,結果的に「受賞作」を読むこ..
Weblog: まあぼの交差点
Tracked: 2006-02-01 23:02

容疑者Xの献身 東野圭吾(著)
Excerpt: 『赤いバラは情熱的で甘美な愛情 ピンクのバラは病気の回復 白いバラは美徳や純潔 黄色いバラは友愛や献身』 花言葉からすると、 表紙は赤バラ・白バラ・黄バラのミックスのほうがいい
Weblog: バンパク!
Tracked: 2006-06-23 00:10

東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ!
Excerpt: 著者の東野圭吾は、略歴によると、1958年大阪生まれ、大阪府立大学電気工学科卒業。「放課後」で江戸川乱歩賞、「秘密」で日本推理作家協会賞を受賞、とあります。作家には珍しく、工学系の出身なんですね。そう..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2006-07-31 19:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。