2006年12月15日

重松清「送り火」

送り火
送り火重松 清

文藝春秋 2003-11-10
売り上げランキング : 192311

おすすめ平均 star
starあざといな、と思いつつ、著者の術中にはまる・・・
starうんうん、、、
starリアルだなぁ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


数編による短編集。

タイトルを見て気づかなかった私もナンだが、
テーマは「死」。
ちょっとオドロオドロしい部分もあり、だけど恐怖で身が縮むというわけでもない。
日常の一こまに「死ということ」を加えてみたら、こんな感じになりましたという感じの、
現実的なのに空想的で・・・そんな風に感じるのは人間、誰もが死ぬからなのかもしれないなと、ふと思いました。
人生の最終地点にある「死」は、日常生活の一こまであってもおかしくないわけなのだから。

偉そうな言い方をするようだけど、この本を読んでただただ「感心」した。
見事にどの物語も全く設定が違い、展開が違うのに、その感情はリアリティにあふれている。

普通の日々というのは題材としてはありふれているが、
実は書くのは一番難しいのではないだろうか。
男性の作家は、主婦にはなりえない。
主婦の物語を体験ナシに書くことになる。
え?本当に?体験したんじゃないの?と思いたくなる、こういう人こそ「作家」なんだな、とシミジミ。

語彙の少なさに悲しくなるが、一言「面白い」。
面白すぎて、読み終わるまであっという間だった。

人間、いろんな人生を生きていて、未来を想像しながら今を生きるけれど、
ふと、終着駅を考えてみた時・・・。
今を生きることを、また考え直してしまうのだなと思った。
posted by 参 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。