2007年01月06日

澤田ふじ子「聖護院の仇討―足引き寺閻魔」

聖護院の仇討―足引き寺閻魔帳
聖護院の仇討―足引き寺閻魔帳



市井を生きる人々の息遣いが聞えるような・・・時代小説はどれも決まって潔く、チャキチャキして、胸がスッとする・・・と思うのは私だけだろうか。
一番に思いつくのは藤沢周平や池波正太郎といった顔ぶれだが、澤田ふじ子さんを知らなかったのは不覚といえるだろう。
まだまだ私が知らないだけの有名な作家が世の中にはたくさんいるんだなぁと思うと、この「図書館を読みつくせ」を始めた意味が私の中で再確認されて、なんか嬉しくなる。
嬉しくなってる場合じゃないが。ヘンですね。

さて、この「足引き寺」の活躍はシリーズになっています。
「足引き」とは陰で暴利をむさぼったり、人を欺いて陥れたり、表立っては捕らえられない「悪いヤツ」の「足をひっぱる」という意味。
京都の人々の間でまことしやかに囁かれる「足引き寺」。
恨みを晴らして欲しいとその存在を探して願うもの、足引きの仲間が伝え聞いたもの、事件は次々と起こる・・・というより、暮らしの中に数え切れぬほど落ちていて、それを人情味豊かな仲間たちが解決、成敗していきます。

女性作家だからか、アッサリ、サッパリ、チャキチャキ・・・というよりも、情に厚い部分が多く感じました。
単にスパッと読みきりたいときには少しうっとおしく感じるかもしれないけれど、人間味に溢れて、ついつい読み込んでしまいます。

個人的には、よく「男っぽい」と言われる性格からくるのか、
もっとドライな時代小説のほうが好きですが、これまでこうしたジャンルを避けていた女性にはぜひお薦めしたい。
時代小説はおじさんのためだけのものではないのです。
「足引き寺」シリーズは他作品も読んでみたいと思います。
posted by 参 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30899645

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。