2005年11月01日

「図書館を読みつくせ!」プロジェクトについて

まさに時間に追われる毎日を過ごしていたある日、朝飯の支度ができても夫が起きてこないので、たまたま数ヶ月ぶりに図書館で借りていた小説(角田光代「東京ゲストハウス」)を開いた。
そしてそのまま、夫が起きて、ご飯を食べ、出社し、子供が起きてくるまでに一冊読み終えてしまった。

なんだ、読めるやん。

大学生時代に教授から
「本を読むなら今しかない。乱読するなら今しかない。あとで後悔してもざまぁ〜みろってんだ(なぜか攻撃的な文学部にありがちな、しかし学生側からすると面白い先生でした…)」
と言われたことを思い出した。
確かに読みたいときに時間はなく、読めるときには読もうとしない。
そう思うと、今しかないという衝動に駆られた。
子育て中に読書なんて無理って誰が決めた?ほかならぬ私が決めていたんだ。
ならとことん読んでやろう。読むなら何か面白く読みたい。
そこで考えたのが「図書館にある本を作家名で『あ』から順に読んでいく」というプロジェクト。
これなら作家を選ばず、まさに「乱読」できると考えた。

実際に図書館に行ってみると、本選びはそう簡単ではなくて、すべての作家を借りていくよりも各棚から一冊を選ぶという方法に落ち着いた。
それでも十分に、普段なら自分の選ばない作家を選ぶことになった。
1歳1ヶ月の息子をあやしながら本を選ぶので、落ち着いて選ぶことはできない。(図書館での絶叫はかなりの顰蹙モノ…)
棚からポンポンと選んでいく…それもこのプロジェクト向き。

というわけで、主に朝の時間を利用して読書することにした。
息子の昼寝時間や就寝後はアフィリエイトやブログ作成などのインターネットに占められており、空き時間は朝しかない!
この時間を宝物のように、この子育て中の時間があとできっと糧になると信じて。
posted by 参 at 08:36| Comment(7) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
図書館読み尽くし!!
かつて夢見たことがありますが、一つ一つの作品を何十回と読み込む私には無理でした。
頑張ってください!!
Posted by こう at 2005年11月01日 09:11
コメント有難うございます。
つい、面白い作家さんに当たると他のも読みたくなるのですが、
そこはよそ見せずとりあえず行けるとこまで行くつもりです。
達成すれば後戻りしてまた読もうかな〜と。
さていつになることやら。。。
Posted by at 2005年11月03日 22:26
こんにちは。

なんだか適当に検索してたらこのページに行き着いて、なんだか面白そうな企画をやっているようで。

どうかいけるところまで(この気持ちが長続きする秘訣だと勝手に思っています。)ガンバってくださいね。
Posted by kbb at 2005年11月28日 12:00
そうですね「いけるところまで」が重要だと私も思います。
「絶対やるべし」と意気込んだ時点で終わりっていうか。
今のところ、読書を楽しんでて、それがたまたま「あいうえお順」って感じですかな。
Posted by 参 at 2005年12月09日 22:23
こんばんは。面白いプロジェクトですね。
私は今年5月から図書館通いを再開し、
乱読し放題になって、最近雑食趣向になっております。
自分の好みがわからなくなりつつもあり…
また気持ちを新たにしてみようかしらと、思いました!


Posted by ましろ at 2005年12月12日 21:59
はじめまして

私も本が好きでなくてはならないです。
朝の読書ですか?
私はちょっとした時間を見つけては、
ちょこちょこ読んでます。

趣味があうといいのですが。
一度私のブログも見てください。
コメントお待ちしております。
Posted by とも at 2005年12月13日 16:12

★ましろさん

私も選ぶ基準が分からなくなってコレを始めました。
あと、意外と有名な作家の作品を読んでいない自分に気づいて、今しかないかな〜と。
図書館は本がたくさんで、「あいうえお順」と決めていても選ぶのに迷ってしまいます。
あと、ハマりたくなった時に次の作家さんに行くのも後ろ髪ひかれる〜。
早いとこ読んで、次はじっくり読みしたいです(と、まだ「い」なのに言ってます)

★ともさん

最近は息子を寝かしつけながら読んだりしてます(かなり無理な姿勢で)。
子供の頃から本は大好きでした。
人生が豊かになる気がします。ありきたりな言葉ですが。
ともさんちにも近々お邪魔させてくださいね。
Posted by 参→ましろさん、ともさん at 2005年12月17日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。