2006年02月15日

猪瀬直樹「ピカレスク 太宰治伝」

409394234X猪瀬 直樹

小学館 2002-03-01
売り上げランキング : 100,969

おすすめ平均star
star文学の悪徳 作家という偶像
star作家になりたかった
star太宰と井伏―二つのスキャンダル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


太宰治というと「走れメロス」。昔からなぜか大好きな一冊だ。
たぶんそれは、一言一句から受ける力強い印象。
だが、太宰自身の印象はと言うと…陰気。

だってあの顔写真。どー見ても暗い。
東北出身。だからといって暗いわけではないが、私には、太宰の顔写真の後ろに、しんしんと雪が降り積もって見える…。
加えて自殺未遂、心中未遂の繰り返し…。
人間失格」「斜陽」などのタイトル…。
深い文学的悩みを抱えた文学青年「太宰治」。

が、この本では違う意味で拍子抜けさせられる。

太宰の自殺未遂、心中未遂は計画的だったというのだ。
しかもその理由は、坊ちゃん育ちゆえの甘えとしか言わざるを得ない。
「はぁ???」
である。
続きを読む
posted by 参 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 猪瀬直樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。