2008年07月03日

嶽本野ばら「ロリヰタ。」

ロリヰタ。 (新潮文庫 (た-85-1))
ロリヰタ。 (新潮文庫 (た-85-1))嶽本 野ばら

新潮社 2007-03-01
売り上げランキング : 201483

おすすめ平均 star
star好きで何が悪い
star彼の考えていることは
starロリヰタの奥義

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その昔、新聞の書評欄でこの作品が取り上げられていて
気になってしかたなかった嶽本野ばら作品。
ちなみにその書評を読むまで、女性だと思っていたほど
著者については全く知らなかった。
ようやく読みました。

「嶽本野ばら」という名前を知ったのは、あの有名な「下妻物語」を見て。
小説はコレが初めてですが、コアなファンでもない私にとって、
まず最初に感じるのは知らない世界をのぞき見る単純な興味深さ。
そして表現方法や比ゆが巧みで、なんとなくハマっていく感じ…。

「ロリヰタ。」の場合、主人公が著者本人ではないかと思わせる
(おそらく確信犯的に)ストーリーで、妙なリアリティがあった。
特に前半、最初の精神科でのやりとり…ロリータとロリコンの違い、や
ライターとのやりとり…ロリータとギャルとの違い、は、「分かりやすかった」。
感想じゃないよね。
うん、単純に「なるほど〜」と思ってしまった。

コレで野ばら作品の基礎を知って、他のを読むともっと面白いだろう。
同時収録の短編「ハネ」も面白かった。
私にはとても「乙女」な作品に思えた。

それにしても「嶽本野ばら」も「ロリヰタ。」も、
キーボードで打てません。。。
posted by 参 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

雫井脩介「クローズド・ノート」

クローズド・ノート (角川文庫 (し37-1))
クローズド・ノート (角川文庫 (し37-1))雫井 脩介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


沢尻エリカの「別に…」発言の方がすっかり有名になってしまった映画「クローズド・ノート 」の原作

先日、茨城に引っ越して初めて図書館に行きました。
「図書館を読みつくせ」なんて書いてるけど、最近全然読み尽くせてないのは、このブログのエントリを見れば一目瞭然なわけで…。
図書館に行く余裕がやっとできた、というのがホントのとこですが、本がずらりと並ぶあの空間はやっぱりいいですね。

で、あれこれと物色して(ほとんどが料理本)、最後に小説でも借りるか…と振り返ったらこの本がありました。
映画のPRで散々ストーリーを放送していて、なんとなくだいたいは分かっていたのですが、PR当時から何か惹かれるものがあって、迷うことなく手に取りました。
ここで最初に借りた小説ってことになりました。

自分の部屋で偶然に見つけた前の居住者が書いたらしき一冊のノート。
そのノートにはある女性の瑞々しい人生の一端が書かれていた。

ドラマチックな内容で、映画になりやすいストーリー。その分、とても読みやすい本です。
そして、とても惹かれます、このノートに。
ノートに惹かれて導かれるように辿ってしまう主人公の気持ちがよく分かる。

ノートを書いたのは小学校の教師として働く女性。
生徒とのこと、自分の中での葛藤、生徒の親とのやりとり…先生としての顔と交差するように出てくる一人の女性としての顔。

イキイキと描かれるノートの中の女性。
あとがきを読んで驚きました。
その一部が、不慮の事故で亡くなった作者の実姉の書いたものから抜粋されていた、と書かれていたからです。
お姉さんの職業もやはり教師。
実話を下敷きに描かれたと知ると、よりいっそうリアリティが感じられ、どんな気持ちで書いたのだろうなんて、余計なことまで考えてしまいました。

先を、先を読みたくなる本。
ストーリー展開よりも、文章の内容に惹かれました。


クローズド・ノート スタンダード・エディションクローズド・ノート スタンダード・エディション
沢尻エリカ 伊勢谷友介 竹内結子, 行定 勲

東宝 2008-03-28
売り上げランキング : 5298

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「Enjoy Movie」♯1 映画「クローズド・ノート」特集「Enjoy Movie」♯1 映画「クローズド・ノート」特集
SDP

SDP 2007-08-23
売り上げランキング : 185749

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
クローズド・ノート―コミック
クローズド・ノート―コミック柴田 五十鈴

角川書店 2007-09-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
LOVE&TRUTH(初回生産限定盤)(DVD付)LOVE&TRUTH(初回生産限定盤)(DVD付)
YUI northa+

ソニーレコード 2007-09-26
売り上げランキング : 2360
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 参 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

島田洋子「てなもんやシェイクスピア」

てなもんやシェイクスピア
てなもんやシェイクスピア島村 洋子

おすすめ平均
stars大阪発シェークスピア

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シェイクスピアというと、紳士の国イギリス生まれというだけでなんとなく近寄りがたく高尚に感じてしまう。
だけど、その作品の内容はかなりドロドロ、昼ドラ顔負けといっても過言じゃない。

そのドロドロな部分が、というわけではないのだが、庶民的な部分がピッタリと合う。
気取っていない大阪弁と。
しかも登場人物の名前をムリヤリ漢字でつけたり・・・遊び心たっぷりです。
posted by 参 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久世光彦「蕭々館日録」

蕭々館日録
蕭々館日録久世 光彦

おすすめ平均
stars夢見るような懐かしさ
stars甘い甘い風が吹く
stars気持ちいい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これをファンタジーとして読むか否かで感想は違うと思う。

舞台はイマイチ売れない小説家の家庭。
5歳の女の子の目を通して、この家「蕭々館」にやってくる作家や文化人との日常が描かれていく。

のだけど〜。

ファンタジーとして読まなかった私は、主人公の5歳の女の子の言動ひとつひとつに最初は突っ込みを入れ、だんだん鬱陶しくなってきてしまって。
そうなると、お隣の賢い男の子が登場してきた辺りでもう、耐えられない状態になってしまいました。

ファンタジーとして読めば、柔らかで甘くて隠微で・・・と感じられるの・・・かもしれません。
でもどうしても私にはそう読めなかった。
好みの問題でしょうかね〜。
posted by 参 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

鷺沢萠「スタイリッシュキッズ」

スタイリッシュ・キッズ
スタイリッシュ・キッズ鷺沢 萠

河出書房新社 1993-11
売り上げランキング : 38237

おすすめ平均 star
star訳も分からず読みふけったものです
star作者の瑞々しい感性が光るが、物足りなさも・・・
star"I miss you"とはどういうことか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近、歴史モノや男性作家の作品を読むことが多かったので、現代女流作家の小説を久々に読んだ。
このジャンル・・・女流作家が若者の現代を描く・・・は、少しだけ苦手かもしれない。
何も考えずに読める、読みやすい小説だと私は思うのだが、この読みやすさゆえに、正直に白状すると
「誰にでも書けるんじゃない?」
という気持ちに繋がり、物足りなさを感じてしまう。
それは、このジャンルのどの作品にも感じることだ。

私は学生時代、古文より漢文が好きな女子だった。
教育実習に行き母校で国語を教えたとき、担当教諭が
「女子は古文が好き、男子は漢文が好き」
と言ったのを聞いて、なるほどそれはそうかも、と思ったものだ。
古文では、例えば「源氏物語」もそうだが、恋愛が多く描かれている。
対する漢文は、三国志をはじめとする戦国モノ、指導力と戦術に優れた男たちの物語が多い。
そうした男たちには感動して入り込めても、古文の恋愛は、ただ読んでいるだけだった私。

同時に、自分のさまざまな面における「男っぽさ」も自覚したし、それはこうした作品を軽んじてしまう好みに当てはまるのだと思う。
男性ファンも、もちろんいるだろうけど。

そんな私だが、この作品には素直に甘酸っぱい青春を感じることができた。
そう、こんな私は「素直」に認めることがなかなかできない。若さゆえの未熟な恋の駆け引きや、人生観を。
「好きだから別れる」
なんて聞くと、「ケッ」と思ってしまう「あまのじゃく子さん」なのだ。
だがそれがすんなりと気持ちに入り、胸を締め付けられるようなもどかしさを感じた。

好みにとらわれず、どんな作品でも読んでみるものだ。
好みを変えてしまうほどではなかったが、好感を持った作品だった。

posted by 参 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

佐木隆三「復讐するは我にあり」

復讐するは我にあり 上 (1)


復讐するは我にあり 下 (2)    講談社文庫 さ 7-2



文章を書くのは好きだが、タイトルをつけるのがどうも苦手だ。
これは文章を書く場合、かなり致命的だと年々思う。
仕事をしていたときから、この自分の弱点には気づいていたが、
いろんな作家の本を読むとその巧みさに舌を巻く。
このタイトルはその最たるものではないだろうか。

「復讐するは我にあり」

いかにも読みたくなる。
何?どういう意味?
とも思うし、このタイトルの持つ、なんとなくハードで暗くて鋭い感じに引き込まれる。

国語便覧好きの私としては、直木賞受賞作タイトルの中でもこの作品は特に気になる作品だった。
一覧の中で特に目を引いた。
そんなこんなで10年以上たって、ようやく読むことになったわけ。

事件は北九州市で起きる。私の故郷であり、佐木隆三さんが今住んでいる場所でもある。
それは知っていたので、親近感は最初からあったのだが、とにかく方言が今ではもう使われていないほどキツく、そのことが人物にリアリティと躍動感を持たしている。
方言を始め、地域性の色濃く出ている描写は、サスペンスの場合それだけで「怖く、そして悲しい」と感じる時がある。
横溝正史や坂東眞砂子を読むと感じる時がある。
まさにそれ。

その下敷きの上に踊る主人公。
追う警官が人々から話を聞き、主人公のさまざまな面が浮き彫りにされていくが、何より彼自身の大胆不敵な行動が最もその性格を描き出していく。
そしてこの犯人の行動、あまりに大胆すぎて、次第にどこかおかしく思えてくる。
犯人に対する嫌悪と興味。
ないまぜになった感情のまま一気に読ませていく。

いろんなところで書いたが、佐木さんとは料理屋さんで遭遇した事がある。
お酒を飲んで真っ赤になって、本人とは一目で分からないぐらい陽気なオジサンだった。
あの赤ら顔とは結びつかないが、非常に鋭い小説であると同時に、土臭く、悲しく・・・私が東野圭吾作品を読んで感じる感覚に似ているかもしれないと思った。

「復讐するは我にあり」とは聖書の中の一説。
巧みな引用に、ただただ感心。

posted by 参 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐木隆三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

澤田ふじ子「聖護院の仇討―足引き寺閻魔」

聖護院の仇討―足引き寺閻魔帳
聖護院の仇討―足引き寺閻魔帳



市井を生きる人々の息遣いが聞えるような・・・時代小説はどれも決まって潔く、チャキチャキして、胸がスッとする・・・と思うのは私だけだろうか。
一番に思いつくのは藤沢周平や池波正太郎といった顔ぶれだが、澤田ふじ子さんを知らなかったのは不覚といえるだろう。
まだまだ私が知らないだけの有名な作家が世の中にはたくさんいるんだなぁと思うと、この「図書館を読みつくせ」を始めた意味が私の中で再確認されて、なんか嬉しくなる。
嬉しくなってる場合じゃないが。ヘンですね。

さて、この「足引き寺」の活躍はシリーズになっています。
「足引き」とは陰で暴利をむさぼったり、人を欺いて陥れたり、表立っては捕らえられない「悪いヤツ」の「足をひっぱる」という意味。
京都の人々の間でまことしやかに囁かれる「足引き寺」。
恨みを晴らして欲しいとその存在を探して願うもの、足引きの仲間が伝え聞いたもの、事件は次々と起こる・・・というより、暮らしの中に数え切れぬほど落ちていて、それを人情味豊かな仲間たちが解決、成敗していきます。

女性作家だからか、アッサリ、サッパリ、チャキチャキ・・・というよりも、情に厚い部分が多く感じました。
単にスパッと読みきりたいときには少しうっとおしく感じるかもしれないけれど、人間味に溢れて、ついつい読み込んでしまいます。

個人的には、よく「男っぽい」と言われる性格からくるのか、
もっとドライな時代小説のほうが好きですが、これまでこうしたジャンルを避けていた女性にはぜひお薦めしたい。
時代小説はおじさんのためだけのものではないのです。
「足引き寺」シリーズは他作品も読んでみたいと思います。
posted by 参 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

重松清「送り火」

送り火
送り火重松 清

文藝春秋 2003-11-10
売り上げランキング : 192311

おすすめ平均 star
starあざといな、と思いつつ、著者の術中にはまる・・・
starうんうん、、、
starリアルだなぁ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


数編による短編集。

タイトルを見て気づかなかった私もナンだが、
テーマは「死」。
ちょっとオドロオドロしい部分もあり、だけど恐怖で身が縮むというわけでもない。
日常の一こまに「死ということ」を加えてみたら、こんな感じになりましたという感じの、
現実的なのに空想的で・・・そんな風に感じるのは人間、誰もが死ぬからなのかもしれないなと、ふと思いました。
人生の最終地点にある「死」は、日常生活の一こまであってもおかしくないわけなのだから。

偉そうな言い方をするようだけど、この本を読んでただただ「感心」した。
見事にどの物語も全く設定が違い、展開が違うのに、その感情はリアリティにあふれている。

普通の日々というのは題材としてはありふれているが、
実は書くのは一番難しいのではないだろうか。
男性の作家は、主婦にはなりえない。
主婦の物語を体験ナシに書くことになる。
え?本当に?体験したんじゃないの?と思いたくなる、こういう人こそ「作家」なんだな、とシミジミ。

語彙の少なさに悲しくなるが、一言「面白い」。
面白すぎて、読み終わるまであっという間だった。

人間、いろんな人生を生きていて、未来を想像しながら今を生きるけれど、
ふと、終着駅を考えてみた時・・・。
今を生きることを、また考え直してしまうのだなと思った。
posted by 参 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 重松清 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小池真理子「恋」

恋小池 真理子

新潮社 2002-12
売り上げランキング : 36355

おすすめ平均 star
star何度読んでも涙が出てくる、いい本だ。
star小池真理子の、ひとつの原点かも・・
star恋とは畢竟、不条理なものである

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


夜中かじりついてこの本を読んだ。
あっという間に読み終えた。とにかく面白かった。

「性的倒錯」と言われてもおかしくない、一般的には理解しがたい生活を送る大学教授夫妻。
アルバイトとして彼らに雇われた主人公はその常識はずれな生活に戸惑い、
反発しながらも、惹かれてしかたがなくなってしまう。
やがて、一つの「恋」が巻き起こす事件とその結末は…。

帯によると、小池真理子は「官能サスペンス作家」らしい。
その辺はどうなのか、これを読んだ限りそう断定的には思わなかったけれど
確かにねぇ、筆致が色っぽくて上品なのよね。
文章が色っぽいって、すごいよね。

そんなわけで文章にすっかり惚れてしまったせいか、
主人公も皆、魅力的で…主人公の惚れるわけがよく分かると思うほどに
ハマっていってしまいました。
要するに、伝えたい魅力がそれ以上に読者に伝わってきてるってことでしょう。

何よりも好ましく思ったのは「救いがある」ところ。
夫妻の抱える秘密も、起こした事件の顛末も、
どうしようもなく「救いがない」のに、読後に幸せな気持ちすら覚えるのは
主人公の「恋」が見捨てられず、しっかりと結びついたままだということが分かるからなのだろう。

ルポライターが取材→主人公が告白→ルポライターがその後を追う、
という展開も、ワンクッション置くことで生々しくなく感じたのかもしれません。

もっと他の小説が読みたくなる、そんな作品でした。
posted by 参 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小池真理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

桐野夏生「柔らかな頬」

柔らかな頬
柔らかな頬桐野 夏生

講談社 1999-04
売り上げランキング : 235816

おすすめ平均 star
starこれこそ真理。
star束縛と解放の無限運動
starドラマもすばらしかった!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本を読んでしばらく、このブログを書けなくなってしまった。
その理由は、たぶん、あまりにリアルに迫る心理描写と、
私のすぐそばに「柔らかな頬」を持つ子供がいて、それを失うという
ものすごい喪失感を、擬似的に体験してしまったからじゃないかと思う。

そんなわけで、もうずいぶん前にこの本を読んだわけなので、
細かな部分はだいぶ薄れてきてしまっておりますが…。

「母として、妻として、女性として」

女性なら誰もが迷いながら心に持っているこのテーマ。
葛藤しながらも、それでも心の中で折り合いをつけて日々をやっていけるのは、
「子供」という唯一無二の存在があるからだ、と私は思う。
だが唯一無二で絶対的存在であるがために、
「女でありたい」と願った瞬間の主人公にとっては「足枷」にもなり得る。
夢中になりすぎた結果、「足枷」と感じてしまう。
そして子供を失った時、一番に苦しめられるのは
「足枷」だと感じていた自分の対する猛烈な後悔の念。


とにかく次のページをめくらずにはいられない、
ジェットコースター小説だが、後味が悪いのは確か。
子供を持つ親にはあまり気持ちの良い小説ではない。
私のように妙な喪失感を抱えてしまうかもしれない。
一言で言えば、リアルはあるけど救いがないのだ。

後半、元刑事の出てくる展開は、
これから新たな人物の人生を加える必要があるのか?
とちょっと意外に思った。
答えを出したような出さないようなラスト、
それで納得するには、あまりに盛り上げすぎた感じもしないではない。
posted by 参 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 桐野夏生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。