2006年02月15日

石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」

池袋ウエストゲートパーク石田 衣良


おすすめ平均 star
star形容詞のミックスジュース?
starどうでしょう
starスピード感
star読み始めたら止まらない
starWelcome to IWGPworld

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


友人に「うーん、どうして人気があるかよく分からない」と言われ、
読み始めて「うーん、読みにくい?」と感じたのだけど、
読み終わる頃にはもう完全に世界に入り込んでしまいました。

疾走する感じが心地いい。
スピードです、この本は。

続きを読む
posted by 参 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 石田衣良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猪瀬直樹「ピカレスク 太宰治伝」

409394234X猪瀬 直樹

小学館 2002-03-01
売り上げランキング : 100,969

おすすめ平均star
star文学の悪徳 作家という偶像
star作家になりたかった
star太宰と井伏―二つのスキャンダル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


太宰治というと「走れメロス」。昔からなぜか大好きな一冊だ。
たぶんそれは、一言一句から受ける力強い印象。
だが、太宰自身の印象はと言うと…陰気。

だってあの顔写真。どー見ても暗い。
東北出身。だからといって暗いわけではないが、私には、太宰の顔写真の後ろに、しんしんと雪が降り積もって見える…。
加えて自殺未遂、心中未遂の繰り返し…。
人間失格」「斜陽」などのタイトル…。
深い文学的悩みを抱えた文学青年「太宰治」。

が、この本では違う意味で拍子抜けさせられる。

太宰の自殺未遂、心中未遂は計画的だったというのだ。
しかもその理由は、坊ちゃん育ちゆえの甘えとしか言わざるを得ない。
「はぁ???」
である。
続きを読む
posted by 参 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 猪瀬直樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

東野圭吾「容疑者Xの献身」

容疑者Xの献身東野 圭吾


おすすめ平均 star
star素晴らしい。
starすごいよ東野!
star内面にある行動の価値基準
starとにかく面白い
star純愛推理小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ミステリー誌の選ぶ2005年のベスト1に何度も名前が登場した一冊。
そんなわけで、上のような評価がついているのも納得です。
しかしあまりトリッキーでないのがミソです。
トリッキーでないのが、最大のトリックなのですが。

読んでいる最中はこの表紙の雰囲気同様、どこか恐い。
だけど読み終えると哀しい。
哀しいけれど淡々とした読後感に好感が持てます。

この本の一番のポイントは、「驚かされるトリック」ではないと私は思います。
この本が支持を集めるのは「すごいトリックで驚かせてくれるから」では決してない。
トリックではないところに、この本の印象を決める決め手のような悲しさが漂っていて、ものすごくドラマチックだと感じるのです。続きを読む
posted by 参 at 09:36| Comment(3) | TrackBack(10) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

五木寛之「四季・亜紀子」

四季・亜紀子〈上〉四季・亜紀子〈上〉
五木 寛之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



私の中では未だに
五木寛之=イケメン
の方程式がある。

はっきりと五木さんを気に留めてみたのは、五木ファンの女性の記事を読んだことがきっかけでした。
で、その中に出てきたのが「TARIKI」(下の写真を参照)。
今調べてみたら「自伝的エッセイ」らしいのですが、私はなぜか「写真集」だと思い込んでいて、その表紙の写真のイケメンぶりにビックリしたのです。
なになに〜、髪が風になびいてますよ〜!!!
しかも小説家が写真集を出すなんて!!!(ほんとは写真集じゃなかったんだけどー)
と長年思い続け、それが上記の方程式に結びついていました。続きを読む
posted by 参 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 五木寛之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

井上ひさし「イソップ株式会社」

イソップ株式会社

タイトルに惹かれて借りてきた「タイトル借り」(勝手に命名、以後使用予定)な一冊。
だって「イソップ株式会社」ですよ、気になりません?

続きを読む
posted by 参 at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 井上ひさし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」

イッツ・オンリー・トーク

さばさばしていて読後感が非常にいい。

だけど読み始めたときは全くそうは思っていなくて、むしろ
「あー、ありがちな小説か〜」
と感じていたのです。

続きを読む
posted by 参 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 絲山秋子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

伊集院静「眠る鯉」

枯れている、に対する、熟している。
そんな濃厚な面白みがじゅわーーーっと伝わる短編集。

これまで読んできた「図書館プロジェクト」(と勝手に銘打ってます)の本たちにあった、あふれんばかりの熱いエネルギーが無い(良い意味で)。
落ち着き払った静けさの中で私の知らない、でもどこかにきっとあるストーリーが綴られる。

どんな老人が書いてるのかと思いきや、失礼しました、いい感じのオジサマでした。
伊集院静公式HPあり。

確実に伊集院さんの本は今後読むと思います。

眠る鯉はこちらから購入できます。

にほんブログ村 本ブログへ←ランキング参加中。クリックしてね。
posted by 参 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊集院静 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

池波正太郎「剣客商売 待ち伏せ」

待ち伏せ

マンガやファンタジーにハマってのめりこんで読んでしまうような、そんなオモシロさ。
信念を貫いて生きる剣客親子を中心に、その周囲に起きる出来事が軽快につづられる。

藤田まことさん主演の時代劇になってるんですね…いまさら気づきました。

続きを読む
posted by 参 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 池波正太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

石原慎太郎「僕は結婚しない」

僕は結婚しない

「THE 石原慎太郎」。
コレに尽きる。

今更ながら、石原慎太郎氏は作家だ。
23歳の時に「太陽の季節」で「芥川賞」を受賞して世に出たことは有名。
タッキー主演でドラマ化されているのを1、2度見たことがあるが、この「僕は結婚しない」も同じような環境にいる人間が主人公。
週末ごとに自分のヨットで海に出る、建築家の独身30代男性。

“過激な知事”というイメージが強い石原氏。
どんな本を書くのが単純に興味があった。
感想は一番最初に書いた一言。
続きを読む
posted by 参 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 石原慎太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

池澤夏樹「花を運ぶ妹」

花を運ぶ妹

パリに留学し、海外へのコーディネーターの仕事をしている妹「カヲル」と、イラストレーターで画家を志す兄「哲夫」。
過去から現在へと時を追って、2人のストーリーが交互に紡がれていく。やがてそれが1つの話(麻薬で逮捕された兄とそれを救おうと奔走する妹…)へと繋がっていく。続きを読む
posted by 参 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 池澤夏樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。